光回線とWi-Fiのどっちでネット接続すればいい?

インターネットの接続に光回線を選ぶか、Wi-Fiを使うかで迷われる方も多いです。
どのように使いたいかによって勧められる回線が違います。
利用目的や使い方によって選ぶ必要があるでしょう。

光回線に向いている方は、家での利用が中心でインターネットの接続時間が多い場合です。
携帯電話の回線を使うと利用制限を受ける方にも向いています。
オンラインゲームや動画を楽しみたい方にもぴったりでしょう。
ブログやSNSに写真をアップロードするのも、オンラインソフトのダウンロードをするにも時間がかかりません。
自宅で仕事をしている方で資料等のファイルのやり取りや、チャットやテレビ電話のソフトを使って打ち合わせをする方にも向いています。
無制限で使える定額制のプランもあり、家族全員でインターネットを使う世帯にも向いているでしょう。

光回線の特徴は光ケーブルを使った大容量のデータのやり取りができる有線の通信網です。
導入するには、室内外の配線工事や、ルーターとパソコンやプリンタを繋ぐ有線接続が必要です。
月々の料金が高い傾向にありますが、ノイズなどの影響を受けにくい安定した高速回線が望めるため、動画やゲームを楽しんでも止まらないで、スムーズにストレスなく使えたりするのがメリットです。

光回線を提供するサービスとしては、フレッツ光とauひかりとNURO光等が有名です。
フレッツ光は国内でのカバー率が高く、プロバイダーとも提携している所が多いです。
プランが数種類あり、無制限で利用できるタイプも用意されています。
auひかりは回線速度が出やすく、経営母体の携帯キャリアのスマートフォン等の契約をしていると割引率が高くなる特典があります。
NURO光については、日本最高の速度が出る光回線として評価が高く、世界から見ても家庭用の回線としては最高クラスになるでしょう。
ただし、対応エリアが関東地区のみですのでそれ以外の家庭は選ぶのが難しいです。

いずれにしても光回線を契約する前に比較することが大事ですので、自分の地域、用途に適した光回線を選びましょう!

Wi-Fiは無線接続の回線で、家でも外でもルーターを持ち運べてどこでもインターネット接続ができるのが特徴です。
光回線よりも速度が遅い傾向にありますが、料金が低めで月々の通信料金を抑えたい方にも向いています。
回線の準備をするには、工事などが必要なく、無線接続をするためにアクセスポイントを設定するだけですぐに繋げます。
ルーター固有のパスワードとIDをパソコンやスマートフォンに設定するだけで、インターネットの接続が可能です。
工事をするのに時間が取りにくく、家に人を入れたくない独身の社会人や学生の方にもぴったりです。
家を空けることが多い方にもいいでしょう。

無線接続の通信会社では、WiMAXとポケットWi-Fiが有名です。
手持ちのスマートフォンやプロバイダーと提携している場合があるので、料金体系やサービスを見比べて選ぶことを勧めます。
自宅でも出先でもインターネットを楽しみたい場合は、クレードルという台を付けると便利です。
充電をするにも縦置きしやすく場所をとりません。
外出する際は外してコンパクトに持ち歩けます。